引っ越し業者ランキング 調査団長

大家が近所に住んでいる物件に住んだ経験があります。何か問題があった際に近くに住んでいるのは心強いなと思った記憶があります。大家さんは女性で、ニコニコとしていた印象でした。引越し先はたいそう気に入って、不具合も何も文句ひとつありませんでした。しかし季節が変わって夏の初め頃、初めて備え付けのエアコンを使った時、あまりの異臭に耐えられず、翌日不動産屋に電話をし事情を話しました。詳しいいきさつは忘れましたが、大家さんに来てもらうことになりました。お部屋にあがってもらい、エアコンをつけました。やっぱり臭いです。エアコン自体古いものだったので、中がカビているかなにかでしょう。しかし驚くことに大家さんは臭くないと言うのです。いえいえ臭い、臭くないのやりとりが続きました。これでは平行線だと思い、エアコンを購入した場合の話をすると、半額出すとのことでした。しかし引越し時にそれはこのお部屋に置いていくことになります。迷いましたが、エアコンの件に関しての対応に誠意を感じなかったので購入はせず、使用時には毎回雑菌消臭スプレーをして使用していました。引越しの際に隅々まで見ていたのに、完全な落とし穴でした。
つい最近引越しをした時のことです。気持ちよく作業をしていただけるようにと、主人と話し合った結果、少しばかりのお心付けを手渡すことにしました。わたしは、これまでお心付けを手渡した経験がなく、どういうタイミングで渡したら良いのか知りませんでした。ただ、作業が無事に終わったときに、ありがとうございましたという意味で、手渡すものだと思っていました。しかし、主人に最初に渡しておかないと、意味がないよと教えられ、確かにそうだなと納得しました。引越し当日、二名の作業者の方が来られたので、小さな封筒を準備し、作業の説明が終わったところで主人に手渡してもらいました。どうもすいませんという感じですんなり受け取ってもらえ、心なしか作業自体も丁寧でスムーズで、とても気持ちよく引越しを終えることができました。ほんの少しの気持ちですが、するのとしないのとでは、若干の差があるのかもしれないなと感じた出来事でした。お互いが気持ちよくいられるために、今後も続けていこうかなと思います。